サークルについて

——理想は儚き。現実は鮮烈。

tales&Vividはノベルゲーム制作を始めとした創作活動を行う同人サークルです。

 公式サイトの他、ブログ、ツイッターでも情報配信を行なっております。それぞれ更新頻度や特性が違いますので、お好きなものをご覧ください。

 

サークルメンバー……らんぴ
シナリオ、企画担当。コミュ力の無さから作品作りを一人で強行するために、スクリプトやグラフィック技術を無理やり身につけた。多趣味なアイドルオタクで、推しのタイプは多岐にわたる。かわいいは深い。
tales&Vividのこれまで
2017年5月公式ブログ、公式Twitterを開設。事実上のサークル発足。
2017年11月公式サイトを開設。
2017年12月『サクラ白書 体験版』(のちの『サクラの白書-biblio- アンドロメタ・データ』)、『ニコラン プロトタイプ』をリリース。
2018年7月『高崎くんと7つの魔法』リリース。サークル初のブラウザ版対応作品。
2018年11月九州コミティア2に参加。初のイベント参加で、公開中の2作品と開発中の『サクラの白書』を無料配布。
2019年1月シナリオ探索型ADV『サクラの白書-biblio』公式サイトを開設。
2019年5月『サクラの白書-biblio- アンドロメタ・データ』をリリース。処女作のリメイクで、シリーズ1作目。
2019年8月『ニコラン プロトタイプ』ブラウザプレイ版をリリース(公式サイト内)。
2019年12月九州コミティア3に参加。初のグッズを頒布。『サクラの白書』公式サイト内にて、連載型Webミニストーリー配信開始。以降不定期連載。
2020年3月『指先で世界を見る』をリリース。